タクシードライバーで安定収入を得る|求人の内容をしっかりチェック

建築士の業務内容

設計図

建築師としての仕事の内容

一級建築士の仕事は、住宅や商業施設などの建物や橋梁などの構造物を設計の段階から完成まで造り上げる事が出来ます。一級建築士として仕事をするには、個人事務所を開いて仕事をしたり建設会社や住宅メーカー、設計事務所などで働く事が出来ます。一級建築士の資格を取得する事で、出来る仕事の幅が広がると共に、多くの企業からの求人が期待できます。設計やデザインを考えたりするだけではなく、耐震や安全性が求められる建物では特に優遇されるため、多くの求人があり自分の希望する働き方をする事が可能です。構造設計や設備設計など担当を分けて求人を出している事もあるので、自分が得意な分野を活かして即戦力として仕事をする事が出来ます。

建築の仕事をする為に

一級建築士になるには、大学や専門学校で建築の勉強をするか、一定の実務経験を積む事で取得する資格を得る事が出来ます。給与面は企業によって異なりますが、国家資格である建築士の資格を取得している事で優遇される事が多くあります。バリアフリーやユニバーサルデザインといった規格を推奨している現代では、これらを設計する事が出来る人が重宝されています。障害を持つ人などの為に、便利に利用できる物を作る事が出来る魅力があります。自分が考えて設計した物が地図に載る事もあるので、とてもやりがいがある仕事です。住宅や商業施設などを造る仕事は無くなる事が無いので、安定して仕事をする事が出来ます。求人の内容を精査して、自分のやりたい事や働きやすい環境を選ぶ事が大切です。